釣具の海外通販

いやー食欲の秋ですね。僕の場合バーベキューをする際は、自宅で仕込みをしておく派です。現地で肉や野菜のパックをそのまま開けるとどうしてもゴミが多くなりますし、先に色々カットしたり、タレに付け込んだりしておけば、当日の準備が楽なので。

釣具の海外モデル

国内未発売、海外モデル。何となく気になりますね。海外旅行の際に、現地で釣具屋によって買ってこれたら一番良いワケですが、なかなかそうもいかない人も多いんじゃないかなと思います。国内通販でもダイワーズさんとかで買える事は買えますがもちろん現地で買うより値段も高くなっている訳です。

海外通販

じゃ、海外通販で海外のモデルを買えばいいじゃんという事なんですが、初めての人はハードル高いかも知れません。

ただ一度使ってみると分かりますが意外に簡単です。

釣り具だと、タックルウェアハウスとかが比較的有名ですね。USモデルを買うならここで良いかなと思います。

ちなみに僕が利用しているのは、

セカイモンwave innaliexpressの3つ。勝手に分類するとUS,EURO,謎Chinaと言う感じ(笑)  まー、セカイモンでUS以外の物も買えるんですけどね。

セカイモン

eBayの商品を日本語で検索、購入が出来るサイトです。個人、ストアの出品があり釣具以外に数多くの商品が買えます。セカイモンが間に入って代行を行うので、商品落札後に海外の現地倉庫からセカイモンが商品を発送してくれます。購入代行サービス付きの海外オークションサイトなので、初めての海外通販には比較的おすすめな気がします。

wave inn

スペインの通販サイトですね。釣り具やマリンスポーツ関連はwave inn ですが、他にもウィンタースポーツやアウトドア関係、アウトレットなど各ジャンルごとにサイトがあり、かなり幅広い商品がそろいます。一応日本語にも対応しているので、購入する際、そんなに不便さは感じませんが、謎な訳があるのはこの手の海外サイトだと定番です(笑)

aliexpress

日本語のフォントからして中華感が満載(笑) そして価格が崩壊気味な商品、謎な商品も多いのですが、何気に日本のアマゾンでフツーに買える物も結構ある感じです。他のサイトと異なり、送料無料ってのも多いです。

ポイント

海外通販系のサイトで住所を入力する際、基本は逆から書く感じです。

First Name:名前を入力
Last Name:名字を入力
Address 1:市より下の住所
Address 2:マンションの場合は部屋番号+マンション名
City:市区町村を入力
State/Province:都道府県を入力
Zip Code:郵便番号を入力
Country:Japan
Phone Number:電話番号の最初の0を取り前に国番号の+81

大体はこんな感じ。もちろん漢字じゃなくてアルファベッドで入力。

あとは関税がかかる場合があります。ざっくりですが、個人利用の場合は現地価格で16,666円以上だと関税発生。税率はちょこちょこ変わるんでこちらのHPで確認出来ますが、越えちゃった場合、釣り竿だと基本3.8%って感じですかね。要は16,000円を越えなきゃ気にしなくて良い感じ。

お支払

直接、海外のサイトにクレジットカード番号を入力し、決済する事に不安な方、そんな場合はpaypalで払えば問題なし。paypalに対応しているサイト、結構増えましたね。クレジットカードがなくてもデビットカードや口座引き落としで支払えます。間にpaypalが入ってくれるので、通販サイトに直接番号を入力する必要はありません。

海外の通販サイトは見ているだけでも結構面白いと思いますし、そんなに難しくないので一度利用してみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク