パックロッド探訪、トラギアポケビッツ5510L

今日、6月11日って傘の日らしいですね。今日は夕方から雨みたいなので、こっそり、早めに帰っちゃおうかなと思います。

TRGR Pockebit’s

テレスコロッドを多くラインナップしているトラギアシリーズ。中でも若干異色のポケビッツ。今年発売されたモデルです。パックロッドって1ピースや2ピースのロッドに比べて、こういった遊び心があるモデルが多いのも楽しい点です。

最大の特徴は仕舞寸法。24cmですよ。コレ。小学校で活躍したソプラノリコーダーより短い長さです。前に紹介したペン型ロッドのダナイブロスに長さ的には迫るコンパクトさです。ただダイワのポケットコンボには勝てませんね。

先月11フィートのロッドを紹介しましたので、今回のパックロッド探訪は若干キワモノ系、かなりコンパクトなロッドの紹介です。今月のクリスマスプレ...

さて、メーカーさんのHPやパッケージの画像で持ち運びの際、ジーンズにカラビナで引っ掛けていますね。要はそれくらいコンパクトなロッドだよという事でしょう。多分ブラブラするので、個人的にはズボンにカラビナで引っ掛けるような事はしませんけど。

フツーは多分、仕事優先ですし、出張のついでに高知でアカメを狙うような人はまず居ないと思うので、ついでにやる釣りは、ライトゲームになるかなと。4g位のブラーにパワーイソメでも付けてキャストしてれば何かしらに遊んでもらえると思います。

このロッド仕舞寸法が24cmなので大概のビジネスバッグに入り、持ち運びはしやすいです。

僕は、出張も比較的多い仕事なので、ユニクロで買ったビジネスバッグを使っていますが、1泊分の着替えにPCと洗面セット、短パンTシャツビーサンを入れ、このロッドが余裕で入ります。

個人的なイメージですけど、短パンTシャツに革靴で釣りをすると軽く変な人になるので、出張時のビーサンは必須かなと思ってます。ビーサンなら薄いですし隙間に入れやすい。

モデルは4種類

509L、509ML、5510L、5510MLの4種類。

この長さでMLはないかなと思い、買ったのは5510L。5.5ftのライトモデル。継数は脅威の10本継。重さは72gです。これ合わせるリールに悩みます。セルテートとかのせるワケにはいかないので、小さい1000番、500番クラスで。

とりあえず手持ちで余っているチープな1000番、ダイワのストライクフォース1000をのせて4LBナイロン巻いて使用。このリールなかなか可愛いのでブリスター入れっぱなしで飾っといたんですけどね。

5510Lの基本スペックは

■標準全長:5.5ft
■継数:10本
■仕舞:24cm
■自重:72g
■先径:1.1mm
■元径:14.0mm
■ルアー:3-7g
■下錘:3-12号

キャストが気持ち良くできるとか、感度がどうのとか、魚とのやり取りがとか、気にするロッドじゃないと思っていて、その辺を高次元で求める方は買わないほうがいいかと。

で、Lなんですけど結構固いです。Lじゃなくて、MLとかな印象。MLを買ってたらきっともっと固めだったんだろうなと思いました。depsのサイドワインダーキャリングモデルがML表記で、Lな印象。こっちはL表記でMLな印象。

個人の印象と、メーカーの印象により決まるワケで、釣具ってこの辺、適当ですよね。統一した基準を設けてくれるとよりユーザーフレンドリーだと思います。初心者にもやさしい。この点、全メーカーが協力して取り組んでくれると有り難いですね。

この手のテレスコロッドは、エンドキャップが緩みやすい場合があるので、ねじロック剤等を使うなど、使用前に対策をしておく事をおススメします。薄く塗っておくだけで違います。現場でエンドキャップだけなくす人、多そうですし。

ちょいちょい雑、いや味です。

カーボンの切りっぱなし感がよくわかる感じになっています。ダメージジーンズみたいなもんです。

まあ、この辺も言い方を変えたら、すべて「味」です。以前、シミのある革製品を、これも革製品の味ですと堂々と押しているサイトを見たことがあるので、とらえ方次第なんだなと思いました(笑)

ケース

持ち運び用のケースは完全に専用。コーデュラナイロン系のケースにカラビナがついてます。これでスタイリッシュに引っ掛けて持ち運べと。そういう事です。登山際、ザックにシェラカップを引っ掛けて運ぶように、コイツもお供させろと。

ただね、正直危ないし、止めてるベルクロ外れたらロッドが落下しますから、そんな運び方は出来ないです。大人しくキチンとカバンの中に入れて運ぶのが無難。ましてやリールつけっぱだとよりブラブラしちゃうワケで。スピニングだしハンドルもベールも邪魔だし・・・。

まあ、ベイトモデルも出してくれたらその辺が多少解消されるし、より面白いロッドになるんじゃないかとも思います。最初の1本には基本おススメできませんが、慣れてる人なら1本持ってても楽しいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク