新潟市水族館、マリンピア日本海

こないだのBreakingDown6が色々炎上してましたけど、個人的には前田の坂田フルボッコ事件とか佐山の「お前、なめてんの?…ねえ?…なめてんのかっ?!」のがもっとヤバかった気はしています。

マリンピア日本海

新潟にある本州日本海側最大級の水族館です。魚も海獣も見れちゃう感じで種類も豊富。施設の目の前は日本海。数年前に魚の大量死はありましたけど、見事復活。

入場料大人1500円。サンシャインは2400円なので比べちゃうと全然リーズナブルです。

展示

淡水海水魚問わず展示されてます。個人的にちょっと釣りに行きたいテッポウウオも入ってすぐに展示されてます。

コブ付きターポンも居ます。なんかねこのコブはタコらしいです。病気じゃないので安心してと言われても初めて見たら何じゃろう?ってなるのは分かる気がします。ただ個人的にデカいターポンの写真を正面から撮れたのはラッキーでした。やっぱシャクレが半端ないなー。

なおターポンを見て釣りたいな―と思ってしまうそこのあなたはきっと釣り人としてすっかり沼にハマっていると思います。後ろを泳いでいるのはレッドドラムです。

レッドドラムは釣った事がありますが、こいつは唇セクシー系です。バラマンディとかと比べちゃうと引きは弱いけど、十分楽しいターゲットだと思います。

あとはミズダコの展示が何気にフォトジェニックで、ちょっと気にいってしまった。出来ればこの位デカいタコもタコパ開催用に釣りたいなーと思っています。

日本の最長河川、信濃川の展示は河口から上流まで種別で展示されてて結構見ごたえあります。

ここの展示は吹抜になってまして上から見下ろせるのも面白いです。

ふれいあい系の展示

最近はどこの水族館でも見るようになりました。いきものふれあい系の展示。ここマリンピアにもあります。一緒に泳いじゃっているアジに触れ合うのはなかなかハードル高そうです。

ヒトデやウニやヤドカリなんかはサラッと触れちゃう感じです。結構底にしっかりくっついているパターンもあるので、その手の個体を無理に剥がそうとするのは止めましょう。

フンボルトペンギンの飼育

ペンギンスペースが結構広めです。通常だと泳ぐ水槽部分とすこしの陸地って感じですけど、ここのペンギンコーナーは陸地部分が大きく取られてまして、繁殖にも力を入れてる感じです。

ただですね、ペンギン飼育に際してどうしてもニオイがキツめになっちゃうので、昼ごはんを食べ過ぎたちびっこがペンギンだーって走り出してニオイを嗅いで吐いちゃうパターンとかも発生してそうです。マジ結構キツめなんで覚悟しといた方が良いですよ。

イルカショー

カマイルカとバンドウイルカのイルカショーが見れます。日に何度もやっているので、結構フツーに見れると思います。

なお前方席はイルカショーの定番、水かぶり席になっているので、この後にも予定がある人は素直に中段より上に座っておくのが吉です。

何気にイルカの繁殖にも力を入れているようで、カマイルカは4年連続で出産に成功しているそうです。

総じて市の施設だけあってか結構学術的な側面にも力を入れてるんだな―って印象です。

マリンピア名物?

のどぐろドッグ。イルカショーの会場すぐ横に売店があるんですけどそこで売ってるのどぐろドッグ。1個700円。ちなみにこれ僕はダメでした。臭くて固くて全然美味しくなかった。のどぐろってこんな味だったっけ?って感じ。

レストランUMINONEのふぐラーメン。ふぐ出汁、ふぐ天という豪華ラーメン。1380円。

スーパーで売ってる生ラーメンの塩味にふぐ出汁を加えてグレードアップさせましたって感じのラーメンなのでラーメン屋クオリティを期待してはいけませんが、のどぐろドックより美味しくいただけました。

メニューに載ってるうみのねラーメン。となりのドルフィンカレーはさておき、
写真から察するにお子様向けラーメンにおっとっとのせました的な感じでしょうか? ちょっと頼んでないので不明ですが、たぶんここのレストランというかマリンピアで飯食う場合は総じてスタンダードなメニューを頼んでおくのが吉だと思いました。結構普通に中華系スタンダードメニュー多いので。

マリンピア日本海って駅からはちょっと離れているんですけど、一応駅から出てるコミュニティバスとかでも行けちゃうし旅行の観光スケジュールにも入れやすいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク