吉祥寺で釣り出来ます

来週の月曜が体育の日ですね。運動会とか開催する学校も多いのかなと思います。昔は10日が体育の日でしたが、移動したことで基本は3連休になるワケで、社会人としては非常にありがたいです。

吉祥寺

住みたい街ランキング上位の常連でしたっけ。何気に学生時代は結構来ていた街です。井の頭公園でのお花見とかは毎年テレビ等で取り上げられますね。新宿からも中央線で15分位。

僕の場合、学生時代は大体いせやか壱之助にいました。部活の飲み会、バンドの打ち上げに加え、合コンまでいせやでやる事が多かったです。公園店の方ね。今ではすっかり綺麗になっちゃったのが良いような寂しいような。焼き鳥というか焼き豚が有名なワケですが、個人的にはシュウマイが一番おススメです。

吉祥寺で釣り

まあ、フツーに考えて井の頭公園の池は釣り禁ですし、どこで釣りをするんだと思うワケです。

はい、こちら。釣り堀カフェキャッチ&イート。室内釣り堀ですね。雨降っても室内なんで気にせずOK。場所的に北口のアーケードと逆側、ヨドバシカメラの裏の方ですね。駅から歩いて5分位と非常に好立地。

オープンは2016年だったかな?日祝日と平日で営業時間が異なるので注意。経営母体はビックホーンさんでしたっけ。としまえんフィッシングエリアとか運営しているところです。近年スカジットデザインズもここから復活。

魚釣り、エビ釣りが楽しめます。日本でも都心部でエビ釣りが楽しめるようになったのはスバらしいなと思います。

料金は1時間1500円。調理代金、ロッドエサ代込。要は手ぶらでOK。これに飲み物代が発生します。この料金ですが吉祥寺店と練馬店で1500円、1000円と微妙に異なるようですので、注意。

丸いプールに結構魚が入っています。この日は主に上を泳いでいるのがアマゴ、中層からボトムにかけてアユ。端っこにニジマスが泳いでました。

たぶんニジは少し前に放流したものの、釣られず逃げ延びた個体なんじゃないかなと思ってみたり。

レンタルロッドはこんな感じ。ナス錘が下についてて、その上に1本針。ダウンショットですね。エサは練り餌。魚の餌に対する反応も良いです。

水が東南アジア圏のエビ釣り堀とかと違い、非常にクリアなんで誘いを入れたり等、多少の工夫も必要ですが、フツーにつれます。

こんな感じの可愛いサイズ感。一応、池にはもっと大きいのも入ってます。たださすがに30cmを超えるようなサイズの魚は、パッと見、入ってない感じですね。

何が釣れんのか

仕入れ状況により、若干変わるようですが、手長エビ、アマゴ、ニジマス、ブラウン、アユとかが釣れる模様。僕が行った日は手長エビは出来ませんでした。一応、都内でアマゴに触れ合えます。

ちなみに上の写真がその日の手長エビの水槽です。1匹見つけたけど蛍光灯の加減でうまく映らなかった。一応、HPにも釣れる魚たち的なラインナップの記載があります。

そしてイート

お店の名前になっているように釣った魚の調理をお願い出来ます。選択肢は唐揚げor天ぷら。潔く揚げ物の2択です。

個人的には天ぷらより唐揚げのが旨いかなと思います。

この日はアマゴ×5、ニジマス×1の構成。カリっと揚がってて、サイズもサイズなんで骨までイケます。もちろん量的にこれでおなか一杯にはならないと思うので、昼飯食った後、お茶しながら釣り、唐揚げはおやつ的なイメージでいると良いんじゃないかなと思います。

ちなみに、手長エビが採れたので、手長エビのリングイネトマトクリームソースをお願いしますとか言う人は、素直に最初からキャンティで食って来て下さい。

近所に釣具屋もある

キャッチ&イートとはちょうど中央線をまたいで反対側、吉祥寺駅南、キャンティからもほど近い場所に、トラウトの吉やがあります。一応トラウト系の専門店。前はフツーにバス用品もまーまーあったんですが、最近バス用品はほとんどなくなっちゃいましたね。こちらも駅から歩いたら5分位かなと。

雨の日だけじゃなく、クソ暑い日とかにも室内釣り堀なので、涼しいしおススメじゃないかと思います。あとは吉祥寺なので、買い物ついでに寄ってみたりするのも良いんじゃないかなと。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク