レインウェアなハーフパンツ、KIU WP FISHING SHORTS

まあもう11月に入っちゃったので、ハーパンって感じの季節じゃないですが、そんな中でもハーパンを紹介していきます。小学生で冬でも短パン履いてる男子いましたよね、もうオッサンですが短パン小僧だと思って下さい。

釣り用の防水ハーパン

以前に紹介したシマノのDSショートパンツを濡れる夏場の釣りの際に履いてました。ただ水は浸みてこないんだけど、ヒモで結ぶタイプだし、ちゃんと結んでおかないとズリ落ちて来ちゃうのよね。結構な腰パンになっちゃう場合があって解決方法が見つからず。あと妹に「やっぱ赤は無いよねー」って言われたし(笑)

やっぱベルト形式のが楽なんだよな―ということで今シーズンは別の釣りハーパンを探してました。

WP FISHING SHORTS

KIUから出てるウォータープルーフフィッシングショーツです。

カラーラインナップは3種類。黒とサンドベージュとオリーブ。

3レイヤーなんで構造的にはモンベルのストームクルーザーとかと同じ感じです。生地はAETX-TECHなのでみんなが大好きGORE-TEXとは違いますけど。値段も5000円位ですしね。

耐水圧20,000mm 透湿性10,000g/m2-24Hなので表記上のスペックは結構優秀で大雨でも無問題。十分レインウェアですね。

ただハーパンなのでひざ下は必然的にびっちょびちょになります。

ちょっとした機能的付加価値

こんな感じでバックポケット部分にもD管が付いてまして、何かしら付けておくことが出来ますが、あんまりバックポケットのD管にラインカッターとか付けないし、何だろう、まーまー付けるものは限られてくる気はします。

もう片方のバックポケットにはタオルとかを通せるようになってます。これは結構便利に使うと思う。遊漁船とか乗ったらタオルくれたりするのでここに通しておけますね。

肝心の防水性能

裏地の縫い目部分にもしっかりシームテープ処理が施されているので、ハーパンとはいえマジでレインウェアと同様な仕上がりです。

スペックがスペックなので晴れてる日に水しぶきがかかる位、何のことはないです。

ただしポケットにスマホとか入れてて角がでっぱっちゃうとそこは見た目的に染みた感じになりやすいです。下までは浸みてこないけど。

まーまー蒸れるよ

ハーパンなんで暑い時期メインに活躍するかと思いきや、透湿素材って風を通すわけじゃなのでいくら湿気は通すとはいえ、蒸れるのでその辺はやむなし。

ちょっとサイズ感も他のハーパンに比べたらほんのりタイトなのでその辺も関係してそうです。もちろん通常のレインパンツに比べたら、ひざ下フリーなので全然マシではありますけどね。

その他の残念ポイント

フロントのちょうどモモに当たる部分にオシャレさと機能性を両立すべくポケットを付けたんだと思うんですが、そこが微妙な点にもなります。スナップが金属なのでソルトで履いていき波とかかかっちゃうと錆びを心配しちゃいます。

あとは水のかかり方によるんですけど、後ろのポケットにそこそこ水が溜まりやすいです。

前のシマノの赤パンツに比べたら、全然見た目的には全然OK。値段もそんなに高くないし、とりあえず来年もこの防水ハーフパンツを使っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク