アジが食いたい場合は釣りに行く

7月突入、これからどんどん暑くなりますね。日本の夏は好きじゃないんですが、東南アジア圏の国で暑いのは問題ないんです。暑さの質がこう違う気がするんですよね。ただ、これからの時期の台湾、高雄はマジでヤバいと思います。

アジ

日本人に古くから愛されている庶民の味方、アジ。アジ好きな人って多いんじゃないかなと。僕は大人になるまで、実はアジが食えませんでした。大人になってからここで食べたアジフライのおかげで、アジが食えるようになったのでアジ歴は浅めです。

そんなアジを船から手軽に狙えるライトタックルアジが、釣りをやった事のない、初心者の人とかにもおススメです。

舟屋さん

という事で、横浜の打木屋さんを予約。

電話で予約を受け付けてくれます。料金は男性5700円、女性3700円とレディーファーストな料金設定です。ちなみに男性2名含む3名からの予約で割引もかかるので、非常にありがたい料金設定だと思います。

元町中華街の駅から歩いて行けるので都内からのアクセスも良いです。

レンタルタックルは500円。仕掛けは200円。仕掛けはロストしても船上で購入できます。

その他、ライジャケ、クーラーBOX、カッパ、長靴等も一通り置いてあり、貸してもらえるので、手ぶらで来ちゃっても全く問題ない感じ。釣ったアジの持ち帰り用に発砲スチロールのクーラーBOXも販売してました。もちろん氷もあります。

至れり尽くせりで、家から色々持っていかなくても良いのでありがたいですね。

出船

ボート釣りって、個人的にこの出船のタイミングが一番テンションあがりますね、さて釣ったるでー的な感じね。

ロッド、リール、天秤、コマセ、赤タンなんかも全部準備してくれてあるので、船乗って何か自分でセットするの事といったら、仕掛けをスナップに繋ぐ位。ちゃんと説明もしてくれるので、特になーんも知らん人でも問題ないと思います。

スタートフィシング

この日の海はもはや、ラテアート状態。赤潮。フツーに考えたら大丈夫なんか不安になるレベル。とりあえず仕掛け投入の指示があったので、落としていきます。

カゴに7割位エサを入れて、2本針に赤タン付けて投入。その際、針から落としていくようにします。仕掛けが底に着いたら、リールを巻いて、ロッドを軽く煽り、エサを海中に撒く感じに。この辺の指示は当日の棚もあるので、船長から出ます。ちゃんと従いましょう。

タナを合わせて、コマセの煙幕の中に仕掛けがあるようにするのがポイントなんですが、とりあえずコマセを撒いたらロッドを止めてアタリを待ちましょう。しばらくすれば、

ちゃいちーですね。この日は、一匹目からアジじゃないよ。小さい個体はなるべく素早くリリース。

で、本命も釣れ始めます。まわりにコマセも馴染んで魚がやる気になったのか、その後、1匹釣れて魚を回収、仕掛けを投入してまたすぐ釣れる状況に。

まーまー泳ぐし、デカいんじゃと思ったら、こういう場所にもフッキングされちゃう感じ。

途中経過でこの日は20匹ほど、最終的に38匹。途中から針のカエシを潰し、小さめの個体は触らずそのまま海にリリースしてました。そんなにたくさん食えないですし、以前にグループで行った際、100匹以上のアジを1人で捌いた時は、マジでちょっとイヤになった事あるし・・・。

ちなみに、僕の場合、アジを釣ったらその場でキッチンばさみを使って〆ます。氷〆だけのと比べると、味が全然違うので。

あると便利なもの

ワニグリップ、プライヤー、キッチンばさみの3点は当日あると便利です。

アジって意外に直に触ると、ゼイゴも固いし、トゲが刺さったりするので、ワニグリップはあると便利。プライヤーは針飲まれた際に。キッチンばさみは、下からエラのところを切って一撃で〆るために。

家でアジを捌いた後は、消臭ごみ袋に。ごみの収集日が決まっている自治体が多いと思うのでこの手の袋は常備しておくと便利です。ウチでは赤ちゃんのおむつ用の袋を使ってます。

どーしたか

釣って帰ってきて、当日のうちに下処理を済ませちゃう事をおススメします。よって釣りすぎると、帰ってからの負担が半端なく増えます。そこ注意ね。クソ慣れてる人や、ご近所付き合いがある人なら大丈夫かな。

当日食うのは、大きいヤツから順に刺身とアジフライにするのが個人的な定番ですが、残った小さめのアジは三枚におろして、塩ふった後、オリーブオイルに漬けちゃってます。香味野菜はお好みで。ちなみにウチのはニンニク、ショウガ、ローズマリーを入れてます。こうする事で冷蔵庫で1週間位は持ちます。

アジとソラマメのペペロンチーノ。時期的にそろそろ終わりですが、ソラマメと合わせちゃうのもいい感じだと思います。ソラマメの薄皮はめんどくさいし栄養価も高いので個人的には食っちゃう感じ。もち剥いてもよいです。

アジに火を入れる際は、身が崩れやすいので注意です。こんな感じでパスタに入れたり、パンにのせてトーストしたり、結構おいしくいただけます。

アジ食いたくなったら、釣りに行っちゃうのがおすすめです。ただ自然が相手なので毎回100%釣れるとは言えないですけどね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク