パックロッド探訪、フエルコ XT711-5S

今回は何となくですが、シングルモルトとかが似合いそうなメーカーのロッドを紹介してみます。

Huerco XT711-5S

昨年、11月11日をパックロッドの日としたフエルコのパックロッドです。何気にここのメーカー、個人的にもう取り上げていたかと思ってましたが、まだでした。とりあえず1本目。

5ピースのパックロッドです。長さは7ft11inch。ほぼ8ftですね。持っているパックロッドの中では長めのクラスに入ります。

このロッドの重さは177g。

ちなみに他のロッドを比較に出すと、ツララのポルタメント73Sが7.3ftで重さ206g。パームスのショアガンエボルブ86MH/P5が8.6ftで209g。シマノのフリーゲームS96Mが9.6ftで160g。

しかしロッドの長さ、重さって面白いですね。短いけど重い、長いけど軽い的な。メーカーさんのロッドに対する考え方の結果の1つが重さに出てると思うんです。

まーパックロッドなんで、基本フツーより重たいんだなと思って使ってますし、個人的には、重すぎなきゃいいかな位の許容範囲広めな感じで(笑)

で、このXT711-5S、ルアーの上限が30g。

メーカHPには、細かくスペックが出てますんで、確認しやすいのかなと思います。リールシートの型番まで載せてくれてます。この辺、何気に親切。

Length 7ft11inch / 2,413mm
Closed Blanks540mm・Grip440mm
Taper RegularFast
Pieces 5pcs
Weight 約177g
Line Mono 5~12lb / PE #0.6~#2
Cast min5g~max30g / best 8g~27g
Drag Max 3.0kg
Reel Seat FUJI DPS-17 Spinning
Suggested Reel D社2000番〜3000番、S社2500番〜4000番
Price 39,000(+Tax)

個人的には20g弱のルアーが一番気持ちよくキャスト出来るかなと思っています。チヌークの17gとか。レンジバイブ70とかこの辺のルアーはもはやとりあえず投げとけ的な鉄板ルアーでしょ。

リールに関しては、メーカーの推奨がダイワの旧2000番から3000番なんでLTだとLT2500C~LT4000Cって感じですかね。シマノが2500番から4000番という事で、僕の場合、このロッドには現状12ヴァンキッシュの2500HGSをメインに。0.8号を150mね。

ロッド特性とか

またHPによると、ロッドの特性として、

それぞれの竿の持つ特性を損なうことなく20~40tの弾性率の違うカーボン素材を最適な箇所に最良の方式で採用し、ジョイントの多いブランクスでありながらそれを感じさせない使用感に仕上げました。

って記載があります。まっ、適材適所って事ですね。ざっくり言えば、アピールしたいのは、こないだ発表になったシマノのポイズンアルティマのパックロッドと同じ感じですね。

継ぎは逆並継ぎ仕様。印籠継ぎに比べると曲がりがいまいち的なイメージがあるかも知れませんが、最近は、ある程度のモデルになれば継ぎによる曲がりの差ってないと思ってます。このロッドも問題ないです。

ただ、強度面は継ぎ方による差がやっぱし出るような気はしています。どうしても弱くなっちゃう部分ですし。

ガイド多め

手持ちにまったく同じ長さのロッドがないのであくまでも参考的な感じにはなりますが、さっきも出てきたショアガンエボルブ86MHが8個で、XT711が12個。

短いのにガイド多い。長さ的に一番近い8ftのルアマガコラボロッド、タイガン∞が9個です。なんというかティップ部分は船竿に近いような仕上がり。

ガイドが多く付いているので糸と触れる部分も多いワケでして、基本的には接地面が増えるので、その分良く曲がり感度も上がる感じです。全部一概にそうとも言えないですけどね。

小径ガイドって事で、僕はリーダー20LB位までで使っています。

ベリーからバットのガイドはダブルフット仕様。

基本おしゃれ路線

ここのメーカーの特徴として、無骨な感じのロッドと異なり、基本はおしゃれな路線のロッドです。バット部分に赤で差し色も入っており、いいアクセントになっています。

グリップはコルクのストレートグリップでエンド側は色が変えてあってツートンカラー。

トラウトとかやる際は、セパレートよりストレートのコルクグリップの方がやっぱし合ってるし雰囲気出るかなと、個人的には思うワケです。

ケース

ネオプレンのケースが付いてます。上から入れて、余分な部分はベルトでまとめる感じなので、これより長いロッドでもこのケースに収納出来ますね。

れだけでは不安だという人は、外箱的な感じの段ボールの筒も付いてるので、これに入れとけば良いかなと。この筒、モルトを思わせる感じのケースになっております。色々そろえて家に並べておくのも良いかも。ただ、釣り場に持っていくのは邪魔です。

仕舞寸法が54cmなので、ネオプレンのケースに入れてリュックに入れるとモノによってはハミ出しちゃいますね。まあその辺は仕方ない部分です。ちなみにこないだ紹介したplus-01だと大丈夫。

ここのメーカーは、オンラインでパーツストアもあるので、何となくピースを無くしたり、折ってしまっても手軽に注文できる点も良いですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク