モアバイツ知っていますか?

すすきのにあるラーメン信月。北海度でイメージの強い味噌ではなくて塩ラーメン。地元の人に教えてもらって以来、ハマっています。札幌言ったら信月。具にお麩が入ってるんですが、これがスープを吸っていい感じに。マジでうまい塩ラーメンだと思います。ここに行かないと札幌に行った気がしない感じです。

知ってますか?モアバイツ

MOREBITES、植村釣具さんのブランドです。

HPによると

MORE(もっと)のこだわりはモノづくりへの熱量が違う。釣りの楽しさの幅が広がるミディアムハイクラスシリーズ。クオリティバリューを提案いたします。

と書いてありました。

ロッド、リール、ルアー等幅広くラインナップされています。大陸製の大量生産品と思われる値段の安さが財布にやさしい感じで良いですね。

ここのとあるルアーにハマる

で、そのモアバイツから出ている「そふてぃむ」ってルアー、個人的にハマりまして、大人買いを断行しました。値段を先にいっちゃうと1個500円しません。

そもそも名前が「そふてぃむ」って、昭和な感じのトリートメントみたいな名前です。まあ名前で魚を釣る訳じゃないんで問題なしですけど。

当初、なんとなくポチッただけのルアー、僕はこのふざけた名前のルアーに隠された爆発力を海外で知る事になります。

どんなルアーか?

パッケージにはソフトボディシンキングミノーって書いてあります。

リップ付いてないし、見た目はシンペン的な。このルアー、シーバス用?だと思われますが、僕はこれをバラ堀で使いました。釣れなくてダレてきた時間にバイブレーションからチェンジして。

これ、もはやボリマンディ用ルアーとも呼べるんじゃないかな。何故かこのルアー釣れました。養殖池じゃなくて現地の釣り堀です。

ワンダーじゃなくてそふてぃむ。しかしバラマンディ、いい顔だな~。顔でわかると思いますが、かなり良いサイズの個体でした。アップにしてみたものの、ガッツリ食ってるルアーが若干見にくいですね・・・。僕はテスターさんじゃないですしご容赦下さい(笑)

ルアーの重さが15gありまして、形状と相まってベイトで結構カッ飛びます。使い方としては着水してから底を取って、ジャーク開始。基本、2ジャークしてポーズ。

このルアーに関してはジャーク中やポーズ中、どちらも明確なアタリが出ました。しかし一日中、ジャークの釣りをしていると疲れるので、途中で別の釣りに変えますけどね(笑)

ただフックの交換はマスト

ちなみに何本か釣った後のルアーが写真の感じです。ちょっと分かりにくいですが、ザラザラの歯により、表面が若干くすんできます。しかし問題なし。

この手のソフトボディ系ルアーは、大体、内部にワイヤー通してスプリットリングでフックを付けてる感じですが、コイツは下部が全面的にウェイトになっており、そこにスプリットリングを付けてフックなので、ワイヤーが伸びて身を裂いちゃう事とかもないですね。今のところは結構丈夫なルアー。

また、そのウェイトがお腹側のカラーとしても一役買っている気もします。

相手が相手なんでフックは交換して使います。たまたま手持ちで余ってたfimoフックの#6だったかな?

フロントフックが1本折れてリアフックは伸びました。しかしfimoフックまーまー強いな、メータークラスをかけてこんな感じになりましたが、それまでは大丈夫だったので。

まあ、ルアー自体、値段が安いので、すぐに壊されるバラマンディとかが相手でもなにより財布にやさしいのがポイント。2個買って1000円でお釣りが来るワケですし。

当初は、まあ釣れないだろう程度の気持ちでしたが、もはや、すっかり1軍です

素人に毛が生えたようなアングラーで結果が出ているので、誰が使っても大丈夫なんじゃないかなと思います。ただ、使い手や状況が変わると釣果も変わると思うので、なんとも言えない部分もあり一切の責任は負いかねますのであしからず(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク