世界遺産の密集地、マカオの旧市街を歩く

都内もすっかり冬ですね、こうなると暖かい場所へ逃げたくなります。

今回は12月でも過ごしやすいマカオについてざっくり紹介します。

マカオ

旧ポルトガル領で、現在は中国の特別行政区。香港からフェリーだと1時間位。九龍、上環、空港からフェリーが出ていますが、現状一番便数が多いのは上環です。

また、香港からの橋もつながり陸路でも行けるようになりました。まあ、この橋、色々あるみたいですけど・・・。そんなマカオ、マカオ半島側には世界遺産が30個ほど集中していて、狭いエリアだし1日あれば十分回って見ることが出来ます。まさに世界遺産のドン・キホーテ状態な場所です。

一方、ベネチアンとかがある、コタイエリアの方は結構新しい建物も多くて、旧市街とは違った雰囲気になります。リゾート感のある場所も多いです。

カジノ

日本にもお台場や大阪にカジノが出来るとか出来ないとか、色々騒がれていますが、マカオと言ったらカジノの街です。

カジノ収入がラスベガスを抜いて世界一になった位ですし。現地の人に聞きましたが、教師をやるよりカジノのディーラーの方が初任給も高いと言ってました。

日本人からすると、カジノがある=治安が良くないイメージがあると思いますが、僕個人のイメージとしては逆で、何度も行っていますが、かなり治安は良い印象。監視カメラ等も結構多いです。

ちなみに、個人的には今のところカジノで負けた事はないです。ポイントとしては大勝ちを狙わない、熱くならない、最初はルーレット勝負そんな感じでユルくやってます。

旧市街

旧市街の方は、かつてのポルトガル領の影響からなのか?カラフルな建物も多く、インスタ映えしそうな場所も多いんじゃないかなと思います。一歩間違うと地方のラブホ感が出ますけど(笑)

今回は、世界遺産にフォーカスした写真は思い切って割愛しておきます。すでに多くのメディアで取り上げられていると思うので(笑)

別に全く知らない親子連れなんですが、三輪車を撮っていたら、座ってきてお母さんが勝手に目線をくれたので、とりあえずシャッターを切っておきました。まあ、そんな時はこちらも笑顔で挨拶しとけば、問題なし。一応有名な壁の前の広場です。

路地裏入ると、魚屋の店先で巨大魚の干物を生産中。なんの干物か不明ですが、ポルトガル領だったし、バカリャウ(鱈の塩漬けの干物)な気がします。

結構臭い強い系。こっちの言葉だとマーガーイヤウ。個人的にこの臭いはそんなに好きじゃないです。この干物、お隣の香港だとあんまし見かけないので不思議。

料理になるとこんな感じになります。多めのニンニクとジャガイモにバカリャウ。一緒に食うと美味しいですが、臭いはほんのり残ってます。これはマカオの有名ポルトガル料理店、フェルナンドにて。この時すでに友人と飲んでいるのでピントはブレブレです(笑)

どうでも良い路地裏をゴミ箱越しで撮ってみたり。ちなみにこの後、道で拾った女性モノのブランド財布が原因で現地のホームレスと若干もめます(笑) 警察に届けようとする僕と自分の物だと主張するホームレスのおっさん(笑) 

ちょっと色気を出してモノクロ撮影をすると、それなりの雰囲気が出たりする気もします。写真は好きですが、釣りと一緒で一向に上達しないです。

マカオのメンドクサイところ

香港は香港ドル、マカオはパタカとお金が違います。レート的には、ほぼほぼ一緒でパタカの方が若干弱い位なのですが、マカオでは大体1MOP=1HKDで扱われます。

HKDがそのまま使えるので滞在が短い人なら両替の必要ありませんが、少し損する感じにはなりますね。まあクレジットカードもあるのでそこは現地通貨決済を選択すれば、気にしなくても良いのですが、問題は現金支払い時の釣銭

例えば、お店に入って6MOPのエッグタルトを買いました、10HKDで払います。でもお釣りが4MOP・・・。

そう、パタカはもちろん香港では使えません。

小銭がたまるとかさばります。ここがマカオのメンドクサイ所。超使いにくいお金です。いっそのことHKDで統一していただきたい。この小銭、上手く工夫してマカオで使い切ってくることをおススメします。

香港、マカオでおススメな季節は、12月。何より気候がちょうどいいので歩きやすいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク