海外旅行でも便利な充電器

現代生活において欠かせないものと言ったらそう「充電器」何を使うにも必要な気がします。少し前まで充電器とかそんなに気にしていなかった記憶があるんですけどね~。今ではないと生活が成り立たない感じです。

海外変換プラグは意外と不便

国によってコンセントの形は違うワケでして、一般的なコンセント、日本はAタイプで統一されています。ハワイも同じ。僕が良く行くアジア圏の国はBFが多いです。また国によっては、複数タイプの存在する国もあります。

で、昔からあるコンセントの形状を組み替えトランスフォームする海外変換プラグ。最初に使っていましたが、個人的には組み替えるのが面倒なのと、現地でコンセントに刺した際の安定感がイマイチ。

あくまでコンセントに対するアダプターだし、別途充電器も持って行く必要があり荷物が増えちゃう。世界150カ国対応って言われても、死ぬまでに回り切れないです。(イモトとかは別)そんなこんなでこの手の変換プラグは使っていません。

このキューブタイプが便利

最近の海外旅行の際はもっぱらこれ1個で済んでいます。100~240V対応で、複数のUSB出力付き。スマホとか充電する際は別途アダプターの必要ナシ。便利です。

この充電器、サイドに付いているレバーをスライドさせるだけで、主要各国のコンセント形状に対応してます。日本で使われているA規格のプラグも完備なので、国内外の旅行がカバーできます。最近はスマホ以外の電化製品(デジカメ、タブレット、モバイルバッテリー等)もUSBで充電する感じですし、特に使う上で問題なしです。

また、USB出力の他に、コンセントの出力も可能で、この充電器にコンセントを刺して使う事も出来ます。

注意点

日本で普段使っているドライヤーとかを海外に持って行って使う場合。この充電器だけだと使えません。変圧器をかませるor海外対応のドライヤーを使う必要があります。

まあ、海外でも普通グレードのホテルを予約すればドライヤー付いているし、わざわざ日本から持って行く人はそうそういないと思うんですけどね。

ただ以前に社員旅行で海外に行った時に、ドライヤーとかは持ってこなくていい点を伝えたにもかかわらず持ってきて、変圧器かませずに使用し、ショートさせた女の子はいました。女性はドライヤーにこだわりあるみたいです。

もちろん不要な場合も

ホテルによっては直接USB出力が付いている部屋もあります。この場合は要らないですね。事前にホテルに聞けば大体教えてくれます。しかしUSBってホントに便利ですね。まだそんなに普及する前にimacに付けたジョブズってやっぱスゲーなと思う。

また、個人的にはwifi借りないんですけど、空港で借りていく人なら、大体、中に海外変換プラグと充電器が入っていると思います。wifiを充電するためなんで、出力は1Aのものがほとんどだと思いますが、紹介した充電器なくても良いっちゃ良いかも?

ただ、先に説明したように変換プラグは使いにくいのと、デジカメ、タブレットPC、スマホとかいろいろ持って行くなら、それだけだと多分まかないきれないんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク