秋はやっぱしシーバスへ

アイキャッチ、白一の生アイス、黒蜜トッピングです。

このアイス、だいたい30cm位あるので、高さを覚えておけば魚釣った際の目安にも最適(笑)。 昨年、トナリで今年は白一という事でシーバス感のないアイキャッチでそろえてみました。

秋はやっぱしシーバス

12月という事で、ハイシーズンも終盤にはなりますが、昨年も行ってきたシーバスのコノシロパターン。

この位の時期までの醍醐味的な釣りですね。昨年の結果はイマイチだったワケで、リベンジ果たすべく、今年は何回か行って来ましたよ。

こないだボートシーバスでこの時期特有のパターン、コノシロパターンの釣りに行ってきました。 アイキャッチが東京タンメン トナリになってい...

予約取りにくい

何だろう、今年はどこも予約が取りにくくなった気がします。週末は埋まっちゃってる感じでかなり前から予定しないと、良い日程は確保出来ないような状況でした。

結構人気出たのか?ボートシーバス。

比較的手軽な上、サイズも良いのが出るし、そこそこゲーム性もあるので、やる人が増えたのかも知れないですね。使うルアーも結構品薄ですし。もうねブローウィン140SとかVJとか、メガドッグとかちょっと異常な品薄さ、オクでも高く売られてるし。

いざ出船

もうね、日が短くなったので、朝夕は暗いですよね。この日は暗いうちに出船。そんなに潮的に良い日じゃなくても、出船時は基本、期待感しかないです。

東京湾マリーナから出る場合、駐車料金500円→1000円へ値上げになりましたが、休憩所やトイレなど設備が完備されているのでありがたいです。一般道の脇から乗船するパターンとかに比べると、雲泥の差です。水道なくて手も洗えん場所とかありますから。

楽園突入

この日は、永遠に釣れ続くんじゃないかという楽園に突入。ジグのフォールはもちろん、回収中に食いあげてきたり、キャストもせず、ちょっと水面にルアーを落としてパシャパシャ動かすだけでも食ってくる状態。

脳内で楽園ベイベーが再生されます。ちょっと肌寒い時期だけど。

船乗る前に、上州屋に上納金を収めてきたのが効いたのかもしれないです。

でも人って欲張りでして、この状況も飽きてくるワケです。サイズは出ても50cm位だし。バスだったらえらい事ですけどね。

この時は、レイジアゲンストザマシーンのジャケ再現をしてみようと遊んだりする余裕もでちゃう感じ。

シーバスの場合は、こういう楽園パターンも何気に発生するのでその辺も楽しいとこじゃないでしょうか。

その後も良い感じ

場所を移動した後も、フツーに釣れ続きます。

60cm位のから、30cm位のチーバスまで。比較的高活性状態が続きました。

よって、ちょいちょいリーダーの確認入れて、スナップ結びなおす回数も多かったです。フロロは擦れたとこ、すぐに白くなりますしね。

良いサイズも出るよ


どーせ、連日メガドッグでトップは叩かれまくっているんだろうと思い、少し下のレンジを攻めてみました。

セットアッパー125SDRでコノシロ群れのエッジを引いてくると、ゴンって来た感じ。シーバスに限らず、色々釣れるおすすめなミノーの1つですよね。手前までしっかり潜ります。ボートで使う分には根がかり気にしなくていいので、オカッパリより使いやすい。

70upの太い個体でした。コイツ、結構重くて、なかなか引きましたね。以前釣った80upより引いたかも知れん。

タックルはもち、パックロッドです。

MX-7SにセルテートLT4000CXH。この組み合わせでフツーにやり取りして、フツーに取れます。シーバスなら、これで全然余裕ある感じでやり取りできます。そこそこのサイズまで抜けちゃいますし。

ボイルボコボコ

基本的にボイルもナブラもあまりモノに出来ない男なんですが、今期はボイルボコボコ状態をちゃんとモノに出来た日もあります。この日は曇りで光量少なめでした。発生している時間も長く、良い感じに釣れ続きました。翌日右腕が軽く筋肉痛になった位。

ミノー引いてワンキャスワンヒットが続くとか、かなり楽しいです。この日ばかりはJIMに感謝。

ヒラメ用のフラットジャンキージグヘッドにスイングインパクトの組み合わせとかでもフツーに釣れました。

むろんいい日ばかりではないよ。

この時期の東京湾には、コノシロだのサッパだの群れがドーンって入って来るワケですが、それを狙う大型魚の釣りが、連日イージーかと言われたら、そうでもないと思います。

むろん、その日に乗る遊漁船の船長の腕にもよりますし、その日の潮の状況とかにもよると思います。

群れがスグそこ入ってるのに、全然釣れなくて、最終手段のVJ投げても反応悪くて、コノシロ掛けてやっと生命感を感じる日とかもあるワケです。

ただ、潮的にそんなに良くない日でも、楽園モードに突入する日もあるので、最終的にシーバスの気分次第なのかも知れないですね。

本格的な冬に突入する前に、この手の楽園の釣りが楽しめると、寒い冬も乗り越えられそうです(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク