パックロッド比較、ヒューガとレヴァンテ

毎年の事とはいえ、世間はすっかりクリスマス一色です。とりあえず明日は仕事終わりにケーキとケンタッキーを取りに行ってきます。

別にケンタッキーはいつでも食えるワケですが、気になっている事として、クリスマス=ケンタッキーの方程式っていつから出来たんでしょうね?

ヒューガとレヴァンテ

何か絵本ライクな題名になっちゃいましたが、どっちも同じような特性のパックロッド、ヒューガ70-6L-SとレヴァンテF2-69LVS 4p。軽く比べてみました。新旧メガバスパックロッド比較みたいなもんですが、個人的にはどちらも好きなロッドではあります。

基本情報

レヴァンテ ヒューガ
長さ 6.9ft 7.0ft
重さ 103g 105g
アクション ライト ライト
ルアー 1/16~3/8oz 1/16~3/8oz
ライン 3-8lb 3-8lb
仕舞寸法 55cm,4ピース 41cm,6ピース

こうやってスペック的に見ちゃうと、マジで大差がないです。重さも2g差だし。

一番大きい部分はやっぱし仕舞寸法かな。

グリップ周り

基本的に上レヴァンテ、下ヒューガ的な構図で行こうと思います。

リールの固定方法がレバンテがアップロックでヒューガがダウンロック。グリップエンドを起点にするとヒューガの方が若干前にリールが固定されます。このポジション、継ぎ数の差から来る部分が大きいかなと。

メガバスなのでこの辺のコスメも、どちらのロッド共、そんなに手は抜いていない印象です。ただ上のレヴァンテのがちょいおしゃれかなと。

ガイド関係

上、レヴァンテ、下、ヒューガ。レヴァンテのがより今風で小径。HP上の記載だとレヴァンテオリジナルガイドシステムだったかな?

TOPガイドは、内径がレヴァンテ2.5mm、ヒューガ4mm。まあ家で定規での採寸なので誤差はあると思いますが、見た目的にも結構大きさ異なります。レヴァンテに関してはホーネットスティンガープラス664Lと同じTOPガイド径。というか全体的にガイドを見た感じ、ホーネットとあまり変わらん印象。太目のリーダーを使う釣りをするようなロッドではないので、問題ないかなと思います。マイクロガイドはヤダヨーって人は居るかも知れないですけど。

ガイドの個数的にはヒューガの方が1個多いです。この辺は1インチの差かな。

見ずらいですけど、カーボンの厚みもバットから1つめのピース、同セクションで見ると1ミリ程度と同じ位。

継ぎ

下のヒューガは並継ぎ。これはピース増なので、継ぎ部分で強度を出していく為じゃないかと思います。結果としてバット部分はレヴァンテに比べると少し太くなります。レヴァンテは印籠。

どちらもフツーに良く曲がるレギュラーなロッドですが、並継ぎの場合は釣り人から見て、キャスト時に継ぎが印籠より目立たないので、見た目的な安心感を持つ人もいると思います。

仕舞寸法

どちらも等分なので、わかりやすい感じで写真撮るとこうです。サスガに55cm VS 41cm、その差にして14cmは一目瞭然です。ヒューガの圧勝。

総じて

使用感として、ざっくり言うとレヴァンテのが若干シャープ。同じルアーをキャストした際、ティップの収まりもほんのり早いです。この辺は、ガイドやロッド長も関係しているかと。

ヒューガのがちょいダルめで、バットは若干強い印象。んで、何よりコンパクト。14cmの差はどうあがいても埋めきれないです。小さいのは正義です。

レヴァンテとヒューガ、結局のところは自分の好みによる部分が大きくなると思いますが、個人的には使用感でものすごく差が出るワケではないので、コンパクト分、もうなかなか売ってないですが、ヒューガの方がより好きな感じです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク