パックロッド探訪、サイドワインダーエントリーモデルEMS-554ML

腰塚のコンビーフ、やっぱし旨いですよね。意外と我が家の定番品にはなってまして玉ねぎにのせてレンチンするパターンにハマってます。これに玉子も足されるとかなり最強。

depsウェブメンバー

古くからやってる会員登録システムですね。1年間で2500円。何かちょっと前までは2000円だった気もします。

毎年2月位に申し込みして、春になるとカードとルアーが1つ送られてきます。この強制的に送り付けられるルアーのアタリハズレが個人的に激しい印象(笑) アタリ年とハズレ年があるんですが、その後の会員限定販売の事を考えちゃうとやむを得ない場合もあるワケです。

皆さんがハズレと判断した年のルアーはヤフオクに多く売れ残っていると思うので判断材料の1つになるんじゃないかと思います(笑)

会員限定販売は、やっぱしブルシューターJrとかが人気あるんじゃないかな。そーいや、一回サスペンドがシンキングだった事もあったなー。最終的に海外でナマズに壊されましたけど。

そんなこんなで今年も会員継続しました(笑)

サイドワインダーエントリーモデル

ちびっこ用コンセプトで、depsが発売するエントリーモデル。メーカーさんが子供用にロッドを出してくれるのって良いコンセプトですよね。

これも会員になってなきゃ買えないワケですけど、昨年はこのエントリーモデルが4ピースのパックロッドだったワケですよ。

テレスコのキャリングモデルはちょくちょくマイナーチェンジして販売される印象ありますが、4ピースのエントリーモデルは僕が会員になってからは初めてだったような?

設立当初からずっと会員ってワケじゃないですけど、そこそこ入会している気はします。

スペック

5.5ftのMLロッドになります。ルアーが1/16~1/2ozなんで、だいたい1.8g~14gまで。ライン表記は4lb~10lbでした。

ちびっこ向けスピニングですが、depsだけあってなかなか強気なショートロッドです。だってサイドワインダーの名を冠していますからね。

そーいや、前のテレスコキャリングモデルも一応表記はMLなんですけど、それと比べるとまーまー差があります。同一メーカーのML表記にここまで差がでちゃうのは・・・。

ちびっこ用とはいえ、グリップとかも十分ごっつい印象与えますよ。

軽めのルアーをキャストする場合、ちびっこだとこのロッドをちゃんと曲げきれないかも知れないですね。まあ、子供だし僕のような大人より上達も早いと思うので心配せんで良いかな。

参考までにmade in chinaの光り輝くシールもグリップの目立つ部分に貼られてました。フツーはmade in chinaってあんまり主張しないような。

こないだ仕事で中国人と打合せをしていたんですが、自国の製品は信用してないとしっかり言い切られたので若干不安は残ります。

ガイドはステンレスのOガイドなんでハードロイ系ですね。まあ、十分使えます。

フックキーパーがデフォルトなのは地味に嬉しいポイントです。

どこのメーカーさんもロッドにフックキーパーを標準装備にしちゃえば、ルアーのフックをガイドにかけるのか、リールにかけるのか問題が一気に解決すると思うんですけどね。

まーメタルジグ引っかけて、ボートで移動中にガンガンブランクにぶつかると不安しかない訳ですけど・・・。このロッドならその使い方はしないし大丈夫か。

実は大人向けなんじゃ

このエントリーモデル、表面上ちびっこ向けですが実は大人向けというか、魔改造をする人もいると思います。

554MLですが、使ってみて個人的には短めで比較的ダイレクトにアクション付けやすいですし、ベイトにしても面白いんじゃないかという印象です。

個人的にベイトはトリガー無くてもさほど気にならんタイプでして、グリップがそのままでOKならガイドを3か所ほど交換すればイケなくはなさそうです。ちょっとサバロにガイド買いに行こうかな。

ケース

サイドワインダーの名前が光り輝くフツーの竿袋です。

おととしの2ピースのエントリーモデルの際に付いてたネオプレーン系のケースを付けてくれた方が個人的には嬉しかった気はします。

ちなみに送られて来た段ボールは△。こちらもサイドワインダーの文字入り。専用段ボールですね。

僕の場合、基本的に予備が好きなんで、大体2本買うワケです。結果として予備が発動する事はほぼなく、あげちゃうパターンになるんですが心のゆとりは必要かなと思ってます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク