アブのマルチツールプライヤーを使ってみた。

セルテートの4000番、まだですかね~。一応予約はしてあります。ただ他の番手は3月で4000番は値上げ宣言した4月。良くわかりませんが、なんか作為的なものを感じてしまいますね。

旅行時の釣りで困るもの

釣りを絡めた旅行に行く際も、基本的に荷物はコンパクトに抑えたい派です。これは特別に現地のガイドさんをお願いして釣りをするワケでもなく、現地で車を手配するワケでもなく、公共交通機関とかを使って釣りに行くので必然かなと思っています。

中でもフィッシュグリップやプライヤー等、何気に細々かさんで重くなるなと思っていました。

良い商品発見

アブガルシアから今年発売されたマルチツールプライヤー。これが便利そうじゃんと思ってソッコー購入しました。

個人的にはこの手のマルチツールプライヤー、結構待ってました。実はDEPSのヤツも持っていますが、肝心のプライヤー部分の精度がイマイチで使ってないです。

まあ、とにかく大抵の男子はテンション上がるでしょ、10徳ナイフ系って。

機能

箱裏にどんな機能が付いてるのか書いてあります。書き出してみると、

1. スプリットリングオープナー付きPEライン対応ミニプライヤー

2. 六角棒レンチ2mm

3. 六角スパナ10mm

4. マイナスドライバー2サイズ(5mm,2mm)

5. プラスドライバー(No.1)

6. ルアーアイチューナー (2mm,1.5mm,1mmの線幅に対応)

7. フックシャープナー

8. カーブニードル

9. ボトルオープナー

10. キーリング

と何気に盛りだくさん。さすがマルチツールプライヤーということで名前にマルチを冠しているだけあります。

ただね、特にボトルオープナーは要らないし、キーリングまで機能にカウントしちゃうのはどうかと思いますが、いい感じに必要なものがこれ1つで事足ります。アブさん良いとこ目を付けましたね。

色々使ってみる

まず10mmのスパナやドライバー類。ベイトリールのハンドルナットに使えます。遠征先で完全バラシはまずやったことないですが、あると非常に安心。ナットがゆるんで失くすリスクを避けられます。まあ10mmなんで、あまりデカいリールには使えませんけど。

んで、フックシャープナーとアイチューナー。こいつもあるとまず安心。針先が甘くなった場合やアイの調整をする場合にあると便利です。ただ、フックシャープナー部分の交換は出来なさそうです。

あとは、肝心のプライヤー部分ですが、まずは魚の針をはずすことに関して、強度的には特に問題なく使用できました。試したのは、MHクラス#4のトレブルフックまでですけどね。ただ、長さが短いのであまり飲まれてたり、歯が鋭い魚だとチョイ無理っす。

ラインのカットに関しては、そんなに期待していなかったものの、ナイロン、フロロ、PEととりあえずスパスパ切れたので大丈夫な感じ。結構意外でした。

スプリットリングオープナーとしての使い心地は問題なし。写真はボンバダのオーヴォ#3です。

ちなみにドライバー類はあくまでもエマージェンシー用と考えた方が無難です。マルチツール付属のドライバーって基本的には使いにくいものですし。

あと、僕の場合、PEをメインで使うので、バックラとかの際にカーブニードルが付いているのは意外とありがたいです。

総合的にみて

持っていける道具が限られる状況下で、ここまで釣りに必要なもの(一部不要)が1つにまとまっているのは非常に便利です。

もちろん全てに使い勝手とかを求めちゃう場合、個々で見たら専用ツールには完全に劣りますが、それは仕方ない事だと割り切って使える人なら、今までありそうでなかった良いマルチツールだなと思います。そのうち、大陸で似たような商品を出して来そうな気がします(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク