MR 750ってダークホーン的なカラーのリールを買ってみた。

世間は新作リールの話題であふれてきていますね。スティーズエアだとか、20タトゥーラSVTWだとかジリオン10だとか。今回紹介するリールも国内で発売は11月なんで新しいと言えば新しいかなと思います。

MR 750

こないだダイワから発売されたスピニングリール、MR750です。夏に発売されたMC750のリールだけ一部改良verですね

ワールドスピンとか、ジョイナスといった名前があるのが普通な感じの中、MR750というアルファベットと数字の組み合わせ。バイクのような、はたまたMRI的な名前になっております。個人的にはUSのQZ750をそのまま出してくれても良かった気もします。

最大の特徴

このMR750、最大の特徴は、そう、小さい。これにつきますね。ハイ。

隣に置いてみたのはイージス1003RHの箱です。箱からしてコンパクト。仕事帰りに買って帰ってもバレないサイズ感。

このサイズのスピニングリールはあまり発売されないので貴重な存在ではあります。シマノのソアレCI4+とかありますが、今度は価格問題もありますし。同じようなクラスで言うと、シマノだとサハラ500とかになるんじゃないかなと思います。

コンパクトなので持ち運び安いのは非常にいい点です。さすがにジーンズのケツポケットには入らないですけど・・・。

その他は・・・

重さ165gとなかなか軽い仕上がりな上、値段も5000円以下とリーズナブル。ベースの黒ボディにグリーンの差し色と、そこそこおしゃれ。ベールはエアベール仕様ではないです。

ちなみに、巻き心地をすぐハイエンドと比べたがる人は、最初からこのリールは手に取らないと思うので問題ないかと思います。

ラインストックは、4LBが100m巻けるスプールです。個人的にはPE巻いて使おうと思っているので、ちょいスプールが深いかなと。テープでも巻いて底上げしちゃおうと思っています。

ハンドルは供回りの折り畳み式ハンドルです。

ドラグが・・・

ドラグ用の音出しピン、スプール側についてるんですが、これがプラ系の素材。金属の歯車的なのと触れ合って音が出る際、意外に抵抗が強いというか引っかかりが強くて弱めな感じでのドラグ調整は難しいです。個体差にもよるのかな?

まあこの大きさのリールでドラグ3kg搭載ですし、価格帯的にも繊細なドラグ調整はあきらめておいた方が良いかもしれないです。

一応、スプール内にも小さいベアリングは搭載しています。フェルトは3枚仕様。

ロッド選考

穴釣り用的な感じで売ってますが、もちろんキャスティングも普通にできます。だってスピニングリールですし。

アンバランスなところで、メガフォースビッグフィッシュに合わせるとこんな感じ。リールの存在感が消えてきます。使用用途不明。

無難なところで、短めのスピニングロッドと言う事なら、手持ちのロッドでアントマーチのスピニング仕様に合わせるとこんな感じ。なかなかいい感じで収まっています。

とりあえずはシーズンですし、まずはULのパックロッドを合わせて、都内の管釣りに持って行って使ってみようかと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク