パックロッド探訪、Abu Garcia Hornet Stinger PLUS 664L

GWに中日を作らんで欲しいと切に願います。今年のこの2日間の平日、いらんでしょ。ただサービス業の人からしたら、なくなると厄介なのかな。

正月以外に上手いこと、みんなが休める完全な超大型連休が出来ないもんかな~と思いながら仕事をする感じです。

ホーネットスティンガープラス664L MGS


パックロッド探訪、今回はアブのホーネットスティンガープラス664L MGSです。比較的リーズナブルなホーネットスティンガーシリーズのパックロッドになります。

結構売れ筋価格帯の商品なんじゃないでしょうか?ベイト、スピニング共ラインナップあり。公共交通機関等を利用して釣りに行く人の強い味方です。

ガイドがマイクロガイドなんで太目のリーダーを使う釣りには適さないかなと思いますが、ベイトロッドはともかく、このスピニングロッドで太めのリーダーを使う人は居ないので問題なしです。

アブのHPによると、マイクロガイドの謳い文句は

1.超軽量! ガイド重量が従来比50%の軽量化
2.超高感度! 軽さとガイド数の多さが水中の様子をより確実に伝達。
3.キャスト精度UP! ロッドのブレとラインのバタつきを極限まで抑えた成果。
4.フッキングパワー大幅UP! ブランクスに密接なガイドがパワーロスを軽減。

との事らしいです。万年素人アングラーにはこれと同じブランクスでマイクロガイドじゃないロッドをコントロール群として貸してもらえないと具体的にわかりませんが、このロッド、感度は比較的良いんじゃないかな~位には思えます。

継ぎの部分も矢印が付いているので、まっすぐに継ぎやすいと思います。この辺は消費者に優しい配慮。

現状、リールは13イージス1003RH、ラインはフロロの3.5lbやPEの0.6号とかを使っています。

重さ的には1/32~5/16なので、0.8g位~9g位までOKな感じです。個人的にはワームのノーシンカーやダウンショット、ジグヘッド、軽量プラグ系での使用が主です。ハードコアミノーフラット70Fとか使いやすいです。

タマゾンで50cm位の鯉も掛かりましたが大丈夫でしたし、ジグヘッドにガルプでも付けて、フグの猛攻を楽しむのも面白いと思います(笑) 相手がハリセンボンとかだと上がらないと思いますけど。

淡水だけでなく、海水でもライトゲーム用に持っていて損はしない感じの1本だと思います。

1万そこそこですがガイドも十分な性能かなと。釣りを始めたばかりの友人が、いたくアブを気に入ったようで気が付いたらテールスライダーと一緒に持って行かれました・・・。とりあえず再度購入。

個人的には今年出た、ソリッドティップの674ULS MGSとテレスコモデルの665M-TEってのも気になってます。

ケース

よくあるタイプのセミハードケース。結構細めなので、このロッド1本しか入りません。ダナイブロス的なペン型ロッドは入ると思いますけど、このロッドとペン型ロッドの組み合わせで釣りに行く事はないので、まあやらないですね。

アブ、メジャクラ等の低価格ロッドに関しては当たりハズレもあり、一種の賭けに近い部分もある気がしますので余裕がある人は、お店で良く触ってからの方が確実性が上がるかなと思います。まあ、全部が全部ハズレって事はないと思いますけど。初期不良は対応してくれますしね。

このホーネットシリーズ、リーズナブルですし、また手元に増えたら紹介します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク