パックロッド探訪、Finch カナリアC48UL

新年明けましておめでとうございます。まだ海外滞在中ですが、とりあえず年明け、1発目のパックロッドを。

CANARIA C48UL

フィンチから出ている、ウルトラライトの4ピース、ベイトパックロッドです。スピニングのが先に出てて後からベイトが出た感じですね。

スペックは

リールはベイトフィネス用をご使用ください。気持ちよく飛びます。
・全長 4.8ft ウルトラライト(ウルトラライトにも関わらず感度はビンビンです。極細のPEライン・フロロラインでの使用をおすすめします。)
・レギュラーテーパー
・90g
・cast〜5g(標記は5gですが10gくらいまでは気持ちよく投げれます)
・〜1号(PE) 〜4lb(ナイロン、フロロカーボン)

との事です。もちろんこのロッドで、あえてPE4号とか使う人は居ないと思うので大丈夫だとは思います。

個人的には、このロッドで、baby popxとかをキャストして遊ぶのが楽しいと思っています。ソルトのライトゲームや渓流とかでも良い感じです。

4ピースで仕舞寸法は39cm。ヒューガと同等の仕舞寸法です。全長は4.8ftと短いので等分4ピースでもこの位で収まりますね。そう考えるとヒューガってやっぱしスゲーな。

ULですが、管釣り用のULやバス用のULとは異なる味付けで、若干張りがありつつも、ペナンペナン過ぎないので、ミノーイングもやりやすいです。あとちっさいスピナベ、ラッキーのエリアスとか。

ショートロッドなんでグリップは非常に短い感じになってます。ロッドもしっかり、しなるので誰でもフリップキャストがやりやすいと思います。

ガイドはFujiのアルコナイトガイド。

最近では各社色々なベイトフィネス系のリールが出ていますので、自分の好きなリールをのせて楽しく遊べると思います。投げられる軽さはベイトの場合、リールに結構依存する部分が大きいと思うので。

フィンチマーク

バット部分にフィンチマーク。継ぎの部分にもフィンチマーク。

僕が買った際、カラーは2種類あって、オリーブグレイとオリーブブラック。で僕が買ったのはオリーブブラックの方です。攻めても良かったんですが、無難なカラーにしてみました。

継ぎは逆並継ぎと言われるパターン。コストが安く済む、折れた場合の替えが容易等メリットはありますが、どうしても継ぎ部分の上のピースが太くなります。まあもともと細いロッドなので、さほど気にはならない感じかなと思います。

折れてもまーまー安い

パックロッドの特性上、折れたらそのピース交換を行っているメーカーさんが多く、こちらのロッドもそんな感じです。1ピース4050円。ちゃんとお知らせを入れてくれるのは非常にありがたいですね。

一応、つながりというか・・・

こちらは我が家で飼ってる桜文鳥。やたらと人に慣れてる割に結構な乱暴者でして、一緒に飼っている猫や蛇より強いです。我が家のヒエラルキー頂点に君臨中。完全に育て方を間違えた模様。あとスマホも大好き。ロッドの記事に文鳥を登場させる強引さ。この辺、他にはない独自性を出してみました(笑)

ケース

セミハード的ケースです。一般的なヤツね。長さが46cmなので、荷物をコンパクトにしたい場合、このケースだとかさばります。

ケースの反対側にもピラルクなイラストがプリントされてます。僕としてはケースをのせ替えてるのでこれは使っていないです。

このロッド、比較的リーズナブルな価格設定になっていますが、結構しっかり作られてまして、使っていて楽しいロッドです。同じような感じのパックロッドを数万とか良い金額で出しているメーカーさんもありますが、値段とのバランス的に個人的にはこのロッドで十分です。

もし豊島園でマ式をこのロッドで投げている人がいたらそれはたぶん僕です(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク