飛行機に乗る際の持ち込み手荷物、釣り人目線。

そろそろ卒業旅行シーズンでしょうか。今回は飛行機に乗る際の機内持ち込み手荷物について、一応釣り人目線から書いておきます。

ロストバゲージ

ロストバゲージ、飛行機に乗る際に預けた荷物がどこ行ったのか分からなくなる事です。トランジットの際に別便にのせられたり、降ろしたはいいけど置いてきぼりになったりと、遭遇したら残念この上ないワケです。

とかく釣り人の場合、1ピースや2ピース等のロッドを預けると通常の荷物の規格から外れちゃうので、遭いやすい現象じゃないかなと思います。100%で避けるためには手荷物での機内持ち込みが出来るサイズのパックロッドが無難だと思います。

一般的な機内持ち込み可の手荷物サイズ

とりあえず、機内持ち込み可能なサイズは、国際線の場合は、

「身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘等)のほか、荷物1個、サイズは3辺の合計が115cm以内、重さは10kg以内」ってのが大体のルールです。

国内線の場合は席数が100席以上、100席未満で異なり、100席以上は国際線と一緒。100席未満は3辺の合計が100cm以内になります。意外と守っていない人が多くて、大量のお土産袋を持ち込む人とか居ますが、収納スペースを圧迫するので、一緒に乗る乗客としては止めて欲しいなと思ってます。

まあ、航空会社によって微妙に異なるんですがANA、JALだと上記な感じです。

個人的にはANAの利用率が高いです。他の航空会社と比べて欠航率が低い気がするので。

釣り道具の機内持ち込み

で、釣り具として機内に持ち込めたのは、

国内線の場合、ロッド、ルアー、リールの三種の神器は今のところすべてOKでした。

ロッドはむろんパックロッド。ちなみに大阪でサバゲする際に、ガスガンを持ち込みにしてみましたがOKでした。ハイキャパだったからかな?(ちなみにガス缶はNGです)

ロッドは縦の長さが60cmまでならOKだとは思いますが、手荷物で行く場合、パックロッドケースの大きさや、それを入れるカバンの大きさもあるので50cm位までの仕舞寸法のロッドにするのがベターです。60cmピッタリはシンドイんじゃないかなと思います。前のリストに50cmで分類を入れているのはその為です。

僕の場合、基本はリールとロッドを大体2セット機内持ち込みにしていますが、友達とかと遠征に行く場合でロッドを貸さなきゃいけない時とかは、仕方ないので預けるスーツケースの中にも入れていきます。

以前に1度、香港国際空港の保安検査所で、ロッドを手荷物として持ち込む際に止められた事がありますが、長さと釣竿である点を説明したらOKになりました。

ルアーに関しては、今のところ国内では、まだ持ち込みはダメだと言われたことはないです。新品、中古どっちもOKでした。大きさ的には中古のスライドスイマー175まで持って乗った事があります。メタルジグは60g位までのしか持ち込んだ事がないので、100gとかだと不明です。

ちなみに海外だとフツーに取り上げられる事もあるので、ルアーは預け荷物にした方が、無難だと思います。なので国際線の場合は機内へ持ち込むのはロッドとリールのみにしています。

フィッシュグリップは行きの羽田空港ではOKだったが帰りの八丈島空港でNGを食らい、宅急便で家に送った事があります。抵抗したけど無理でした(笑) よって、現在フィッシュグリップは国内線でも預け荷物にしています。まあ、一般的な物ではないし、検査官のさじ加減?によるところも大きいのかも知れません。

あと、プライヤーも厳密にはサイズがあるんですが、基本預け荷物になります。

ペットボトル

ペットボトルに関して、国内線の場合は、未開封も飲みかけも機内に持ち込み出来ます。飲みかけだと機械でチェックされます。量が少ない場合は機械が反応しないらしく、開けてニオイをかがれます(笑)

国際線の場合は、未開封も飲みかけも、保安検査所で捨てる感じになります。

ただここからは国によって違うので微妙なんですけど、日本や香港の場合、手荷物検査を終えて、中に入った後に自販機あるし、また普通に買えちゃいます。そのまま機内に持ち込める感じ。

ところが、シンガポールやマレーシアのように乗る直前に手荷物検査がある国だとそこで捨てなきゃいけないので、機内に買って持ち込めません。なんともあいまいな基準だなと思います。

その他

後は意外なところで、金属製の耳かき。これが何度も保安検査所で止められました。シルエット的に細い金属の針にでも見えるんだと思います。メンドクサイので竹に変更しました。

こないだ、大量の接着剤を持ち込もうとした外国人も止められていましたね。仕事で使うんでしょうけど、量の問題かな?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク