フィッシングショー2018、独特目線。

スポンサーリンク



朝から都内でも結構雪が降っていますね。マジで寒い。夕飯になべ焼きうどんを食いに行こう。明日の朝、飛行機が飛ぶかちょっと心配ですが、まあ結局のところ、気にしても仕方がないので天に任せます。

フィッシングショー2018

日曜日までパシフィコ横浜で開催されたフィッシングショー、今年も行ってきました。今年はダイワのイグジストvsシマノのステラが目玉なのは、皆さん知っての通り。

ダイワのシマノ化、シマノのダイワ化がより一層進んだ印象を受けました。個人的にはダイワのブースにシマノジャンパーを着ている人が見に来ていて、気になってるんだな~ってのと、ゼナックのブースにアブの人が見に来ているのが面白かった。

あと、ジャッカルは非常に活気がありました。釣りよかのコラボルアーも前のガバチョ同様、人気が出そうですね。ただ変にプレ値が付いて買えなくなるのは残念です。きっとその辺は解決出来てないだろうな~。BPMも赤い2ピースが出るようですし是非4ピースも出していただきたいなと。

とりあえずメジャーなところは多くの人やメディアが書くでしょうし、それをしばらく引っ張ると思うので、独特な目線でお届けます。たぶん需要はないと思いますけど(笑)

気になったロッド

個人的にパックロッドをばかり使っていますので、まずテイルウォークのアウトバック。

お~、ちゃんと展示されとる。渋谷の上州屋も比較的充実していますが、サスガ、フィッシングショー、ほとんどのモデルに触る事が出来た感じですね。

ただ、433MLって謎なコンセプトのスピニングロッドに触れなかったのが残念。このシリーズは値段もそこまで高くない割にフツーに使え、同社のナマゾンモバイルより汎用性が高いロッド達です。とりあえず個人的にはベイトの624Mを持っていますので、またその内に紹介します。

ゼナック。半永久保証が有名ですね。パックロッドとしては、Expeditionシリーズ。

発売自体は結構前ですが、長く愛されている完成度の高いロッド何だと思います。ネットで検索してみても使っている人は多い印象です。3ピースなので仕舞寸法が短くても70cmを超えてくるため、僕はまだ持っていません。

ただ、今回カタログに4ピースのスピニングモデル、EP70Sってのが出ていて、とても気になりました。

ラインナップの中では非常にライトな感じのモデルです。確認したかったけどどこに置いてあるのか分からず。どっかで確認出来たら嬉しいなと思います。

その他だと、昨年も置いてありましたがヤマガブランクスのトライセプターとか、フィッシュマンのBC4シリーズとかですかね。今年は通常のワールドシャウラも一部のモデルがグリップ分割で変則的な3ピースになっちゃいましたね。

とりあえずリール

アブガルシア、ROXANI POWERSHOOTER。

そんなにメディアに出てこなかった気もするロキサーニ。価格が安くてインフィニブレーキ搭載のソルトシールドベアリング。

中でも無理やりビッグシューターコンパクトのハンドルを付けた感のあるパワーシューター。

かなりコンパクトなボディにゴツイハンドルなんで好みは分かれると思います。まあ、アブって段階で好みが分かれちゃうと思うんですけどね。

ボディがコンパクトなだけあって中のメインギアはビッグシューターコンパクトより小さいそうです。小さいギアを大きなハンドルで回す感じになりますね。

テイルウォークのクロシオ。名前良くないですがクロシオ。

僕のような色んな釣りを手軽にやりたいコンセプトだと、いちいちステラSWとか買ってられないワケでして。

そんな人に財布にやさしい価格設定のゴツイスピニング。シイラやブリ、カツオなどの青物はもちろん、タイとかでのメコンオオナマズなどにも良いんじゃないかなと。発売自体は前なので、ネットのレビューもサブ機的な使い方の人が多い印象です。

リョウガ。最後にメジャーなヤツを1つ。

今回9年ぶりのモデルチェンジという事で注目が集まっていますね。 負荷をかけた状態で、前のモデルと巻きを比較出来るコーナーもあって非常に分かりやすかったです。

スタッフの方も、本当は別メーカーのリールを置きたかったと言ってましたね(笑) カラーがブラックってのが色んなロッド合いそうな感じで非常にカッコイイ。手が小さい僕でもパーミングもとてもしやすい丸形リールでした。ポイント貯まったら買いたいな。

とまあ、こんな感じにフィッシングショー2018を、独特と言うか、偏った形で書いてみました(笑) 個人的には旅行会社と釣り具会社で共同開催のイベントとかやって欲しいなと思ってます。どっちもメリットあると思うんですけどね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク