おしゃれ路線に舵を切ってきた気がする釣具メーカーのアパレルライン

こないだ渋谷でサングラス、スキニーパンツ、ヒールでtopに「がまかつ」Tシャツを着て颯爽と歩いている女性を見ましたが、ホントに釣りやるのか、センスで買ったのか、はたまた彼氏からプレゼントされたのか何となく謎が残った感じです。

釣り人=ダサい

もうね、昔からのイメージなのか何なのか、釣りをしない人とかと話してて、服装ダサいイメージがあるって結構言われますね。オッサンぽいとか、あとエサ臭そうとか・・・・。

まー釣りしない人からすれば釣りってそんなにオシャレなイメージはないわけですよ。

確かに釣りをしている僕から見ても、釣具メーカーのアパレルラインは基本ダサめだと思います。必要な機能性を求めなきゃいけない商品もあるので致し方ないのかも知れないです。あとそもそも釣具メーカーですし、ウェアにデザイン性を求められても難しいんだろうなと。

最近そうでもない

最近やっと本腰を入れだしたのか、アパレルにも力を入れてきているメーカーさんが増えましたね。普段着としても使えそうなデザインとか。

ダイワ、結構アパレル前面に出してきてます。

表参道ヒルズに店はいってますし。まじ家賃考えたら赤字じゃないの?と何となく心配してしまう。釣り人向けというより純粋なファッションブランドとして売っていこう感を出してますね。

ダイワの培ってきたカーボン技術で傘作りましたってアピールされた時は、迷走してるんかなとも思いましたけど・・・。とりあえずこうして色々やってくれる事は嬉しいです。

アブもネイバーフッドやフリークスストア、ビームスとかとコラボしてアパレル充実させてきました。元々アパレルでのブランド力がある所にのっかるコラボなんで比較的成功しやすいパターンなんじゃないかと想像。数字的なの見れてるわけじゃないので不明ですけど。

アブ×フリークスストアのラップスカートやワンピースとかも、女子向けになかなかオシャレな仕上がりですよね。釣りやらない女子にプレゼントでも良いんじゃないかな。

シマノに関しては何となく乗り遅れたというか、アパレルどーでもいい感出してる気はします。まー釣りなんか所詮総売の20%位、俺たち世界のシマノだぜって感じ。男は黙ってshimano。うん、クールポコ。

3大メーカー以外に元々アウトドアブランドやインディー系メーカーはおしゃれな感じのアパレルを展開している所も多い気はします。

アブのTシャツ買ってきた

そんなこんなで、とりあえずアブのTシャツ買ってみました。

最近流行りのビッグシルエット系のポケT。ポケット付きのTシャツは好きなのでまーま買っちゃう感じです。

ポケットデカめでDカン付いてるので、釣りの際にはラインカッターとかをピニオンリールで付けとくと便利そうな印象。

素材としては速乾系の素材です。日本の夏、速乾の夏っていう位、素材としての速乾性能は必須になってきました。

もうね夏場の都心部、仕事もスーツはやめようよって毎年思っている次第です。夏の仕事中はTシャツ、ハーパンで良い条例を作ってくれる人がいたら間違いなく一票入れると思います。

とりあえず、このTシャツ、ぱっと見の釣り感はゼロですね。アブのロゴマークも存在感は控えめ。全然街中で着ていても違和感ない仕上がりじゃないかなと思います。というか僕自身釣りの際にこのTシャツは着て行かないと思います。だって白だし、完全街着用。

最近愛用のロンT

アブのTシャツ、白だし釣りの際に着て行かないなら、最近は釣り行く際に何を着てるのかと言うと、STAMP Run&CoのロンTを愛用してます。

トレラン系をコンセプトにしたブランドのようですが、ここのロンTが着てて風が抜けやすく良い感じです。

背中側がスケスケなんじゃないかって感じのメッシュになっているのがポイントなのかと。まあ、下にエアリズムとかインナー着てこれ着ているので、思いっきり透けちゃう事はないです。

ただメッシュ感が半端ないので、じっとしていると蚊に背中をおもいっきり刺されます(笑) どこでもベープとか吊るしていればある程度防げるかなと。

近年の日本もすっかり気候が変わっちゃいましたし、夏でも冬でもちょっとおしゃれな機能性ウェアって結構定番になりつつあるのかなと思います。

何気にsmithの撥水パーカーとかも愛用してますし。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク