正忠排骨飯の日本進出を望む

えー、僕は中高と弁当だったんですが、朝に弁当が出来てないパターンが多くて、1日500円が昼食代として支給される事が多かったです。当時、2週間連続で吉野家で牛丼を買って行った際はとなりの女の子が心配してくれて、翌日僕の弁当も持ってきてくれた事があります。その節はいろいろご迷惑をおかけしました(笑)

排骨飯

排骨飯、パイクーハン。台湾が誇るB級グルメの1つでしょう。

以前に一番好きなB級グルメとしてルーローハンを紹介しましたが、こちらの排骨飯も負けずとも劣らず、好きな台湾ご飯の1つです。まあ茶色=うまいは基本かなと思っています。

行きたい国ランキング常に上位の台湾。確かに魅力的な国だと思います。釣り人にとっても日本では狙えない魚が釣堀で釣れちゃう環境にあるので。今回は...

正忠排骨飯

ネオン輝く看板が目印。こちら高雄を中心に、台南、台中等までチェーン展開していますので、結構お店は多い印象です。地元の人でにぎわってる感じ。何度か行ってますが今のところ日本人観光客には会ってない気がします。

ボリューム満点、クソ安い

弁当箱で登場。排骨飯、75NTDなんで、280円位。パッと見、駅弁ライクな印象です。僕の学生時代に、この店が日本にも出店してくれていたら、毎日バラ色の昼食が送れた気がします(笑)

ふた、オープン。

排骨飯、このボリュームで格安価格。豚肉で一部隠れちゃっていますが付け合わせが色々ある中から、3種類選べます。ここもうれしいポイントです。基本海外ってコンビニ弁当含め、ご飯多い系です。

国内だと炭水化物抜きだの何だの言って、ご飯少な目になりがちですが、そんなん気にしちゃイカンです。白飯サイコー。

注文は先にメインを決めお金を払って、ショーケース内の付け合わせを選んでいく感じです。

言葉がしゃべれなくても、指さしで理解してもらえると思います。ただ、たまに狙った付け合わせからズレるパターンもあると思いますけどね(笑)

働いているパートのおばちゃん達、基本手際が良いです。さっさと弁当を仕上げて行きます。日本でもそうですが、おばちゃんが作っている弁当は基本ハズレないと思う(笑)

他にも

他にもメニューはありまして、こちらは鶏肉飯。ローストチキン弁当的なやつ。全然国内で売ってても売れちゃうお味です。

ちなみに付け合わせの真ん中に入ってるこてっちゃん的なモツがかなりうまかった。この付け合わせだけでも白飯バクバク食える味です。国外テイクアウト希望。

ジーパイ好きな人にはたまらない、こちらもオススメ。にんじんしりしり的な付け合せも美味しいです。

店舗にスープの鍋が置いてありまして、スープも飲めます。自分で勝手に入れるスタイルです。

何気に働いているおばちゃんも仕事の途中に飲んでたな~。あとお茶も置いてあって水筒に入れて帰る地元のおじいもいました。多分、この辺はフリードリンク状態なんでしょう。

さてさて、正忠排骨飯はウマい、安い、早いと3拍子そろってます。日本ではこの3拍子がそろうお店って少なくなった気がしますので、現地に行ったら是非立ち寄ってみてください。ぜひ都内に出店して欲しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク