パスポートの申請

スポンサーリンク



これから年末年始にかけて海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?個人的には寒い冬の時期は、暑い地域にずっと行っていたい気持ちで一杯です。1年中、Tシャツとハーパン生活がしたい。

今回はパスポートの申請に関してまとめてみました。

パスポートの申請確認

パスポートの申請って頻繁に行うものではありませんので、ここで確認。

・パスポート申請時必要書類http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html
・都内のパスポートセンター受付http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/documents/0000000432.html

HPに必要な物も細かく明記されているので、わかりやすいと思います。

ちょっとしたポイント

写真

駅とかに設置されているスピードプリントで大丈夫。パスポートセンター隣に良く写真館が設置されていますが、そこで撮ると割高です。撮った写真は切り取らずそのまま持って行きましょう。

費用

10年が16000円(収入印紙14000円、東京都手数料2000円)
5年が11000円(収入印紙9000円、東京都手数料2000円)

10年と5年でその差は5000円。

どっちで作るかというと、個人的にはいつも5年で作成してます。

理由としては、パスポートをなくした事があるのと、審査欄追加でパスポートが厚くなるのがイヤだから。

あと写真もさすがに10年だと変わります(笑)現状は、5年用でスタンプがかなり埋まっちゃう感じです。ちなみに審査欄を追加する費用は2500円です。

収入印紙

発行手数料として必要になる金額を収めるための収入印紙。原則現金でしか購入できません。クレジットカード不可。

現状の例外としてはセブンイレブンでnanacoでの購入可能。

クレジットカードでnanacoにチャージして買う事が出来るので間接的にですが、クレジットカードでの購入が可能。

ただし印紙は200円の物しか置いていないようです。200円の印紙でもパスポートセンターで問題なく受け取ってくれます。

更新時期

パスポートの更新時期は有効期限が6カ月切った段階で行くようにしています。

多くの国で入国時に有効期限が6カ月以上必要な事が多いので。

受け取りは日曜日も可能

イメージとして平日のみ窓口営業な感じですが、受け取りだけなら現状、日曜日も可能です。

ただし申請受付は平日しかやっていません。

字は綺麗に書いた方が良い。

持人自署の欄ですが、書いた名前がそのままパスポートに印刷されます。

日本語でもローマ字でも良いのですが、残るものなので綺麗に書いた方が良いかなと。

こんな感じでしょうか。とりあえずまとめてみました。

日本はビザなしで行ける国が、現在154カ国あり、世界的に見ても第三位と結構優秀です。ただ、パスポートは必要なのでお忘れなく。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク