良かったパックロッド2017

スポンサーリンク



常時大量のパックロッド在庫を抱え、パックロッドばかり使ってきた僕が、個人的に使ってみて良かったパックロッドを現状いくつか紹介してみます。

若干メーカーが偏ってしまいましたが、色々使ってみた結果です。より気に入ったロッドが出てきたら、ラインナップも更新されていくと思います。

ただ、あくまでハナクソアングラーの見解なので参考程度レベルに。

モンスターキス ディアモンスター MX-6

色々差し置いても個人的に思う、このロッドの最大のメリットはもろもろの安心感。

遠征用ロッドを名乗ってる割に、指で押しただけで、曲がるような貧相なガイドが付いるロッドとかありますけど、このロッドはオールダブルフット。ここ重要。旅先で破損とか残念すぎです。

その割に、非常に良く曲がるレギュラースロー気味のMクラスロッドで小物から不意の大物までOK。ティラピアからカンパチまでこのロッドでイケてます。

メーター近いバラマンディとの無茶なやり取りも全く問題なし。60度リフトで10kgはダテじゃないです。ospのヴァルナとか良い感じにキャスト決まります。

あとは、ショートレングス。知ってるフィールドならいいですけど、初めて行くフィールドでスペースが狭かったら、7ftクラスのロッドだと個人的に投げるのシンドイです。またボートからも使いやすい長さだなと思います。

なかなかこの6ftアンダーのロッドって、今そんなにないんじゃないでしょうか。

ちなみに、元径が共通だし、他の同シリーズがあればいろいろ組み合わせで融通が利くのもナイスなポイント。グリップ替えたらジギングとかもOK。

この手の丈夫なパックロッド、トラブルの事を考えて、時間が限られたショートトリップメインの人や専用ロッドを買わずに色々な釣りをしてみたい人こそ使うべき。お値段そこそこしますが、最終的には安上がりな気がします。

ダイワ ソルティストMBSB 65ML

元々、東京湾でのボートシーバス用に使ってましたが、ある時バラマンディに使ってみて、良い感じに楽しかった。

バットにほんのりコスメが入ってますが、個人的にグリップ部分がオモチャっぽくて、チープ感があるなと思います。ただ、トータルでコスパに優れているロッドじゃないかな?このロッドではシーバスはもちろん、70cm位のバラマンディやレッドドラムをコンスタントにあげましたが問題なしです。

このロッドで、レンジバイブ55でも投げてて下さい。とりあえずボウズはないでしょう。

ちょい柔らかい感じのロッドでティップが良く入り、魚を掛けると、かなり綺麗に曲がります。ブランクス細めの割になかなか強いなと。適当に作ってそうな割に意外としっかりしている竿です。やるなダイワ。


ロッドケースも余裕があるので、小型のルアーボックスに2500番位のリールを一緒に入れて、肩から下げて運ぶ事も出来ます。ちょっと背中がボコボコしますけど。荷物をコンパクトに出来るのも良いところ。ロッド自体も比較的軽量ですし、そこまで値段も高くない。意外と活躍できるもんだなと実感した1品です。

メガバス ヒューガ70L-6

モバイル性抜群、機動力を最大限生かせるロッドです。

継竿で驚異的な仕舞寸法。41cm、6ピース、最初へら竿かと思った。この手のキワモノはPROXの独壇場だと思っていたのでメガバスが出した事にちょっと驚きました。

このロッド、出張のお供にも最適。ビジネスバックに入れてそのまま機内持ち込みとか、普通のさほど大きくないリュックにもスポっと入るコンパクトさ。

40~50cm位までのターゲットなら国内海外含めて、大体なんとかなるんじゃないかなと思います。責任持てませんけど。

小型のスピニングにPE0,8号とかで色々遊べると思います。ホテル前のマリーナで夕マズメにメッキとか狙って、そのまま夕食を予約しているレストランに行っても荷物としてかさばりません。

個人的には淡水海水問わず、結構出番の多いロッドです。

ちなみに、残念ポイントとしては、ロッドケースが付属しない事。ロッドベルトは付属しているので、まとめておく事は可能ですが、精神安定上、ケースは欲しいです。

まあタオルでも巻いといたら良いっちゃ良いですが、見た目の問題上、とりあえずケースでも自作してやろうかと思ってます。

ガイドはアルコナイトのようなので、こだわりがある人は避けてください。なお個人的には、PEで使ってますが今のところ全く問題なしなので、もう一本買うと思います。

新しく釣り竿を買う事を止められているお父さん、買っても簡単に隠しておけると思います。

以上、パックロッド3本を紹介してみました。どれも良いロッドです。なかなか売っていないのがタマにキズですが、見つけたら手に取ってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク